キャサリン公式ブログ ★ 日本文化コンシェルジュ/世界中に愛と光を!

✨幸せ基準で、愛と光で世界を照らす✨ 

「信頼とは人間的なもの」愛に恋い!<幸せ基準>のあり方【26/2020】

「信頼とは人間的なもの」愛に恋い!<幸せ基準>のあり方【26/2020】

オンラインサロンHappy Life Cafeではいろいろな角度から
「幸せ基準」の思考を身につけていきます。

さて、令和2年の旧正月が過ぎて、まさかのコロナウィルスの影響で、
「リモートワーク」が一気に進んでいます。

リモートワークとは、
インターネット環境が普及・充実したことで可能となる在宅勤務のこと。

緊急事態の時の手段として、リモートワークという選択肢が
当たり前に選べるようになるのは素晴らしいことですね。

しかし、
リモートワークの便利さとは裏腹に、
会ってディスカッションできないことのフラストレーションも
漏れ伝わってきます。

どうしてなのでしょうか?

リモートワークでは、
オンラインの画面を通じてコミュニケーション、
Zoom、Microsoft Teams、Line Works だったりとか
もしくは、電話会議をしていくことが多いですね

リアルのコミュニケーションと比較すると
言葉として話す内容は伝わりますが
いわゆる、空気感、
つまり、無意識で感知する情報が伝わってこないので
理解の深さに差が出てくると感じています。

言葉の奥にある、
本当はこうしたいのだが〜というニュアンス
言葉になる前の余韻とか
声のバイブレーションから感じることなど

本当はこうしたいのだが〜
の部分を察知して、気配りできるようになると
相手は、おっ!わかってくれたか!
と信頼を寄せてくれ、
ミーティングも一気に発展的に加速しますね。

また、声の質、トーンで
波長があう、あわないもわかったりします。

握手をすると、もっと色々な情報が伝わってきます!
握手の印象(触感)が、
見た目とギャップが大きいと感じることもあります。
本当はめちゃめちゃ繊細で優しい人なんだな〜とか。

SNSコミュニケーションの頻度が増え
SNS上の繋がりのお友達も増えてきていますが
本当に信頼できる方、仲間、友達
安心できる信頼関係を築けている人はどれくらいいますか?

SNSは、本当に素晴らしい繋がりができるツールです
だからこそ、
リアルでお会いして、その方の本当の素晴らしさ、深さを
全五感を通じて、感じること。
その記憶が、潜在意識に刻まれることが
信頼関係の深さになって行くと思います。

Happy Life Cafe のニケタン先生は、

テクノロジーはものごとを処理するスピードを上げただけで、本当の豊かさは育ちませんでした。人と人の繋がりを生むには最悪のテクノロジーだったのです

と言い切ります。

そこまで言う〜〜と最初は驚きましたが、
人と人とのつながりがうまく築けないと悩んでいる人たちの多さを拝見すると
まさにその通りだなと。

インターネットを通じて信頼関係を築くことは実はできません

私も人とお会いする時は、
リアルでお会いすることを最優先にしています。

お会いするからこそ
その方の素晴らしさを発見することができます。

愛に恋い!

ニケタン先生は、内面からも外見からも
幸せの波動が静かに豊かに溢れ出ています。

イメージとしては、
こんな感じ
↓ ↓ ↓


言葉も大切ですが、言葉以外の要素、波動的なものも
実はと〜っても大切なんです。

幸せの波動空間を先に作ってお出迎えする
リアルだからこそできる技あり!
お会いするとは、言葉以上のギフトをお渡しできるんですよね〜

為になったな!と思ったら
コメントや、シェアをよろしくお願いします。

*****

うわさの Happy Life Cafe は、共に成長できる環境です✨


✳︎♡✳︎✳︎✳︎♡✳︎✳︎♡✳︎✳︎♡✳︎✳︎✳︎♡✳︎
 生きている奇跡に感謝!
 幸せ基準で、ただ今を味わい
 愛と光で世界を照らす
✳︎♡✳︎✳︎✳︎♡✳︎✳︎♡✳︎✳︎♡✳︎✳︎✳︎♡✳︎

*****************

Happy Life Cafe
幸せ基準の小金持ちになるコミュニティ!
こちらからクリック ↓ ↓ ↓

*****************

賢者のお金の教養セミナー
お金の学びに必要なポイントを
短時間で把握できる
無料セミナー 概要は下記より
※都内 渋谷にて開催


ご参加は下記「エントリー」から
→ → → エントリー  ← ← ←

*****************

次世代の常識
20歳 時計が巻き戻る
日本発の「再生」アイテムを活用する!
くわしくはこちらから

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOK

Return Top